電卓を持つ男性

戻る可能性

払いすぎた利息があったら返還してもらう

2010年以前に、消費者金融などの貸金業者からお金を借りていた経験のある方は過払い金が発生している可能性があります。ただ、単純にその時期に借り入れをしていたからといってすべての方が過払い金が発生しているとは限らないのです。素人では発生しているかどうか判断がつきにくいため、そこは弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談をしてみることです。払いすぎていた利息分が取り戻せる可能性があります。とくに取引年数が長い人ほど発生している確率が高くなります。また、すでに借金を完済している状態から請求するのであれば着手金は無料で行ってくれる法律事務所もあります。契約書や領収書が残っていなくても借入先が分かれば相談をすることができます。

過払い金請求ははやめに

利息制限法以上の金利で契約していた時期があってまだ過払い金請求をしていないかたははやめに手続きをすることです。なぜかというと、借金には完済をしてから10年経過すると時効になってしまうからです。時効が経過してしまうといくら利息制限法以上の金利で契約していたとしても請求権がなくなってしまうからです。貸金業法が改正されてから5年が経過しようとしています。そのころに上限金利が引き下がったわけですが、各消費者金融もこの時期に一気に金利を下げたのではなく法改正に対応するために1年以上前から新金利で融資を行っています。つまりそれ以前に完済した方は刻一刻と時効がせまっているのです。過払い金請求は正当な権利ですのではやめに法律事務所に相談することです。