電卓を持つ男性

いつ手続きをするか

個人で請求する手続きについて

過払い金請求となると、テレビCMなどで頻繁にご相談くださいと宣伝してますので法律事務所に依頼しないと払いすぎた利息が取り戻すことができないイメージがありますが、個人でも過払い金返還請求手続きはできるのです。請求の仕方の手順ですが、まずは取引をしていた金融機関に取引履歴の請求をします。契約開始から最終取引までです。フリーローン以外にも他の商品を利用している場合もその分まで取り寄せます。取り寄せは電話1本で依頼するだけです。届きましたら、利息制限法以下の金利に引き直し再計算します。計算は、インターネット上で自動計算してくれるフリーソフトがあるのでそれを利用します。あとは、過払い額と過払いが発生している根拠、返還先銀行口座を記載した文書で通知します。

任意整理となるケース

何年も消費者金融からお金を借りてい借金がいまだに残っている、2010年以前から取引をしているのであれば過払い金が発生している可能性があります。残高がある状態で過払い金請求をするのは、厳密にいえば任意整理となります。払いすぎた利息分がいくらになるかを計算して、その金額を残高と相殺しますと大幅に借金額が減ります。過払い金で完済できる場合は、信用情報機関に事故情報として登録されないのですが、残高が残る場合は任意整理の手続きとなりますので、分割で返済していけるように返済計画を立て直しする手続きとなります。そうなると信用情報機関に事故情報として登録されてしまいますので、今後の借り入れが難しくなってしまいます。